知っておきたい!車売買の際の名義変更のトラブル例

名義変更に関するトラブルの例を知って、安心できる取引を目指しましょう。

車を高く売りたい……その前に知っておきたいこと

そもそも名義変更って?

「そもそも名義変更って何? そんなの必要なの?」
耳慣れない言葉なので、疑問に思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
普段車に乗っている分には意識することはありませんが、車検証には必ず『所有者』の記載があります。車を売るときには、忘れずにこの所有者を変更する手続きをしなければなりません。
(後の項目で説明しますが、この手続きを忘れてしまうと大変なことになってしまいます)

車の買い取り業者などを利用して売却する場合には、業者側で代行してくれることが多いようなのですが、個人で売り買いしたいなら、この名義変更の手続きは自分たちでやることになります。
手続き、と聞いて身構えてしまった方も多いと思いますが、お察しの通り、それなりに手間のかかる手続きなんです。

でも忘れていたでは済まされない

「だったら、面倒だから所有者は今のままにして、車だけ売ったらダメかな?」
そう思うのは、とっても危険です!

もし名義変更を一切しないまま、他の人に車を売ってしまったら……

・(あなたの手元に車がないのに)あなたの住所に自動車税の支払い連絡が来る
・もし車を売った相手が事故を起こした場合、あなたも事故の責任を問われる可能性がある

こんなことが起きてしまう可能性があります。
さらにトラブルが深刻化すると、弁護士のお世話になる、なんてことにもなりかねません……。

名義変更は、そのくらい大切な手続きなんです。必ず覚えておいてくださいね。

それでは、名義変更の重要性がわかったところで、次のページでは、相手先とのトラブルの例について見ていきましょう。