知っておきたい!車売買の際の名義変更のトラブル例

名義変更に関するトラブルの例を知って、安心できる取引を目指しましょう。

トラブルを防ぐには?

対策はいろいろとあるけれど……

前のページで見てきた、怖いトラブルの数々。これを見て、「何かいい対策はないの?」と思った方も多いはず。
ここでは、そんな対策について考えていきましょう。

まず真っ先に考えられるのは、売り主であるあなたと買い主の人が一緒に手続きをすることです。そうすれば、無事に名義変更が完了したところまで、確実に見届けることができます。
ただ、お互い忙しい日々を送っている中で、予定を合わせて一緒に手続きに行く時間が取れるかと考えると、なかなか現実的ではないかもしれません。

そのほかの対策としては、
・名義変更だけを代行する業者に依頼する
・あなた自身で先に名義変更を済ませてしまう
・「○日までに必ず名義変更してください」という契約書を取り交わす
などが考えられます。

あなたは何を重視する?

ただ、どんな対策を講じるにしても、相手の人の了承が得られなければ、取引を先に進めることはできません。それが個人売買の一番難しいところなのではないでしょうか。

正直なところ、個人売買はかなりの手間と時間を要することになります。業者に売却するより高く売れるのが魅力とはいわれているものの、本当に高く売れるのかどうかさえ未知数です。
リスクを覚悟の上で個人売買にチャレンジしても、「こんなに苦労するなら業者に買い取ってもらったほうがマシだった」となる可能性もあります。

手間、お金、時間、それに安全性などなど。
何を重視するかは人それぞれですが、お金だけを優先した結果、あとでその選択を後悔する、ということはないようにしたいですよね。

このサイトでは個人売買のリスク、特に名義変更に関わるリスクとトラブル例についてご紹介してきました。
今回ご紹介した情報が、あなたの大切な選択の一助になれば幸いです。